ここでは、視力回復の役に立つと思われる本(参考文献、参考図書)を紹介します。視力回復法についての解説などの本です。

本で視力回復(文献)

ここでは、視力回復の役に立つと思われる本(参考文献、参考図書)を紹介します。視力回復法についての解説などの本です。

視力アップ!イメージング・アイ―ジョイ石井のイメージングメソッド

「力が悪いと思うと、実際に視力も悪くなる」「良く見えると思うと、実際に視力も良くなる」という一見摩訶不思議で迷信のようなことを根拠とした視力回復トレーニング法です。

「目が良くなる」「良く見える」と信じただけで視力が回復するなんて、殆んどの人が信じないと思います。ですが、これは、心理学的にいえば十分ありうることなのです。自分に対するネガティブなイメージの影響で自分の力を発揮できない人がいることを、みなさん自身が常日頃感じているのではないですか? この「思い込み」が人の能力を制限していることもあるのです。このメソッドでは、自分の視力に対するネガティブ(マイナス)イメージをポジティブ(プラス)イメージに変えるイメージトレーニングと、ピンポール効果や眼球運動トレーニングを組み合わせ、視力回復を実感させることを目的としているようです。

トレーニング用の「ピンホールとクロスのカード」と「良く見える」イメージを膨らませるための写真付きです。

また、「目がよくなる3D図」(これは難しい)、「目がよくなる手作りドリンク」、「目が良くなるツボマッサージ」も掲載されています。

視力アップアイグラス

ピンホールの開いたアイグラスと、トレーニング解説書が合体した本です。ピンホール効果については、安価グッズで視力回復でも説明しました。ピンホール効果により一時的に「良く見える」状態を作りだし、その上でトレーニングを行います。

この本は、単なる「視力回復トレーニング」だけではなく、速読のトレーニングもできるようになっています。

一石二鳥、いや三鳥といえる本だと思います。価格も手頃です。

視力低下は自分で回復できる!―中学生の視力をその場で1.0に上げた、驚きの公開

視力回復トレーニングを網羅した一冊です。

「指回し運動」をご存知でしょうか? この本の著者は、「指回し運動」をテレビ等で紹介したことで有名です。この本にも、「指回し運動」のことが記載されています。

視力低下の原因について、「目の疲れ」を指摘し、その解消方法を具体的に説明しています。基本的には、先の「指回し運動」や、肩首など上半身の凝りをほぐす運動が中心です。「眼球コロコロ運動」や、「首回し呼吸法」等が紹介されています。かなり盛り沢山です。また、視力を維持するための方策も記載されています。

後半には、疲れ目に対する誤解について解説し、「脳の中の視力」についても言及しています。

スポンサード リンク

不動産 【GMOとくとくBB】最速75Mbpsイー・モバイルLTE月額3,860円 WADAX専用サーバー WADAXリフォーム お名前.comのVPS AGA・薄毛 株式会社ゼミネット ロリポップ! グリーンピアッシング クロスタイルビューティ NTTPCのVPS お名前.com

免責事項

本サイトの内容に関しましては、正確性及び効果や安全性を保証するものではありません。当サイトに掲載されている情報等による損失や損害等について、当サイト及びその管理者は一切責任を負いません。また、当サイト管理人は医師ではありませんので、医学的な内容については一切お答えできません。

著作権

当サイト内のコンテンツは、リンクバナーなどのリンクサイト様その他の著作物等を除き、当サイト管理者が所有します。無断転載などはお断りいたします。

当サイトへのリンクは歓迎します。ただし、当サイトへの中傷等に関しては抗議する場合がございます。